Aviciiの追悼公演から考える 彼が世界に残したものと我々が取り組むべき問題

Aviciiの追悼公演から考える 彼が世界に残したものと我々が取り組むべき問題

日本では追悼公演というところに注目が集まりがちだが、本記事で注目したいのは公演のタイトルに“FOR MENTAL HEALTH AWARENESS”(メンタルヘルスの意識のため)という文言が掲げられている点だ。

Aviciiさんの父親であるクラース・バークリングさんは、3月に精神疾患や自殺防止の分野に取り組む慈善団体「ティム・バークリング財団」を設立。

息子の死きっかけに世界的で問題になっているメンタルヘルスに関しての活動を精力的に行っている。

詳細はこちら。

投稿者: teshimamasahiko

手島将彦

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。